休診日なし/9-13時/16-19時
金PMのみ14-16時半

予約優先 045-243-6417

診療時間 アクセス

肥満

肥満とは?

理想的な体重を15%から20%以上オーバーしている状態をいいます。

特に横浜や関内近郊の都会では、ご自宅の中で一緒に動物たちと生活し、おやつをあげる回数が増えたり、運動不足になりがちになることもあり、肥満の子達はたくさんいます。

肥満になってしまう生活習慣そのものが病気のもとであると考えられ、肥満は単なる体重の問題だけではなく、様々な病気のリスクを高める要因であるとされています。

検査

体重計測

ダイエットの基本は定期的なチェックです。

腹囲などの測定

体重だけでなく、それぞれの体格にあった食事量を計算できます。

治療

生活指導

普段の生活習慣が肥満のもとになっていることも、獣医師と一緒に生活習慣を見直していきましょう。

ダイエット用フード

一概にフードといってもその内容は千差万別。その子にあったフードを選びましょう。

写真(太った犬と猫)

こういった太った子達を
「犬や猫はちょっと太っているぐらいが可愛い」
「うちの子は食べるのが好きだから痩せなくてもしょうがない」
と考えてしまっていませんか?

しかし
肥満は万秒のもとなのです!!

いま明らかになっているだけでも

痩せている子に比べて

猫で
関節炎などによる歩行異常は約5倍
糖尿病は4倍
皮膚疾患は約2倍(グルーミングが減ることによる)
尿石症などの下部尿路疾患

といった病気が正常な体型の子に比べて発生しやすいことが分かっています。

さらに。

いくつかのホルモンの病気によっては、ドンドン太っていくということもあり、
ワンちゃんやネコちゃんの肥満を考えた時、

通常のダイエット+太りやすくなる病気でないかどうか

を考えていく必要があります。

通常のダイエットには食事療法と運動の大きく二つの方法がありますが、食事だけでもその種類は様々で、またあげ方やあげる量によってダイエット効果がちゃんと出ないこともあります。

「うちの子少し肥満気味かも」

とお感じでしたら、ぜひ一度当院にご連絡しください