休診日なし/9-13時/16-19時
金PMのみ14-16時半

予約優先 045-243-6417

診療時間 アクセス

尿石症

尿石症とは?

尿の通り道に結石が出来た状態を尿石症といいます。結石があると、膀胱が傷ついて炎症がおき、痛みや出血、頻繁に排尿するなどの症状が現れます。

横浜近郊で多く見るシーズーや、ダックスフンド、ミニチュアシュナウザーといった犬種や、猫でよくみられる病気です。

検査

触診

膀胱の状態や、尿の貯まり方を確認します。

尿検査

尿の中のpHや血液の混入などを調べます。

エコー検査、X線検査

腎臓や膀胱などの尿路に結石がないかを調べます。

治療、予防

結石の種類や状況により,治療法は大きくことなります。
詳しくは診察時に獣医師にお尋ねください。

食事療法により溶解、予防

pHコントロール(ロイヤルカナン)c/d(ヒルズ)などのフードで尿を酸性化、さらに結晶の原因となるMgを制限します。

飲水促進

尿を薄めて結晶ができにくくします。

抗菌薬

尿アルカリ化の原因となる細菌感染を除去します。

外科的除去

食事療法では溶解しない結石は、外科的に除去します。

おしっこの出が悪い、何度もトイレに行く、血尿が出ている、粗相をする。

これらの症状は、おしっこの中に結石ができてせいかもしれません。結石ができると、膀胱や尿道に傷がついて炎症が起きたり、尿路が完全に塞がってしまうとおしっこが出なくなって腎臓病の原因になったり、元気消失、食欲減退、嘔吐などを起こし、最後には意識不明に陥って死に至ることもあります。

このような症状がみられたらすぐに病院で検査することをお勧めします。

  • 膀胱触診
  • 尿検査
  • エコー検査
  • X線検査

などの検査を組み合わせ、どういう種類の結石が体のどこに、どの程度出来ているかを調べます。

尿路が閉塞している場合はすぐに入院し、尿道カテーテルを入れて閉塞を解除する必要があります。
それだけ、尿が出ないという状態は、動物達にとってそれだけで致死的だからです。

作られる結石の多くは、ストルバイト(リン酸アンモニウムマグネシウム)またはシュウ酸カルシウムです。そして、結石の成分によって治療法は大きく異なります。

  1. ストルバイト:尿がアルカリ性の時にできる結晶。
    • 食事療法により溶解
      pHコントロール(ロイヤルカナン)c/d(ヒルズ)で尿を酸性化、さらに結晶の原因となるMgを制限します。
    • 飲水促進
      尿を薄めて結晶ができにくくします。
    • 抗菌薬
      尿アルカリ化の原因となる細菌感染を除去します。
  2. シュウ酸カルシウム
    • 外科的除去
      食事療法では溶解しないので、外科的に除去します。→予防が重要
    • 食事による予防
      pHケア、コントロール(ロイヤルカナン)を食べることで、ストルバイト結晶と同時に予防できます。

このように、尿石症は大事になることもしばしばあります。
まずは、定期的な尿の検査と、食事による予防をオススメします。