休診日なし/9-13時/16-19時
金PMのみ14-16時半

予約優先 045-243-6417

診療時間 アクセス

心臓病

心臓病とは

横浜のような都心部では、住宅事情などから小型犬が多く飼われています。犬種にもよりますが、大型犬に比べて小型犬は心臓の病気が多い傾向があります。その大半が弁膜症と呼ばれる、心臓の弁(一方通行のドアのようなもの)の病気です。症状がないまま進行していくため、元気なうちの早期の検診が必要です。

検査

レントゲン検査

心臓の大きさを評価するために行います。

心臓超音波検査

心臓の動きや機能を評価するために行います。

心電図検査

不整脈の検査などに用います。

治療、予防

内服薬

血圧降下剤や利尿剤などを

フード

低Na食として、数種類の療法食を用意しております。

心臓病

心臓は常に膨らんだり縮んだりを繰り返し、生命を維持するために必要不可欠な血液を全身に送り出す働きを心臓は担っています。
もし、その働きが狂ってしまったらどうなるでしょう。来るはずの血液が来ない,戻っていくはずの血液が戻らない…どんなことが起こると思いますか。

心臓を店、血液を客に置き換えてみる
(客が来なければ店はつぶれる)→ 虚血性心不全
(客が出ていかなければ行列ができ、周りに影響が出る)→ うっ血性心不全

肥大型心筋症について

心臓は左右上下の4つの部屋に分かれています。上の部屋を「心房」、下の部屋を「心室」、二つの部屋を分ける扉を「弁」と呼びます。自分の右手側を右、左手側を左として、右の扉を「三尖弁」、左の扉を「僧帽弁」と呼びます。部屋の壁に当たる部分はすべて心筋という筋肉で出来ています。

心臓模式図

ここでは、ワンちゃんに多い僧帽弁閉鎖不全症,ネコちゃんに多い肥大型心筋症についてお話ししたいと思います。

僧帽弁閉鎖不全症は読んで字のごとく、心臓の左の扉がちゃんと閉まらなくなるという病気です。はっきりとした原因がわかっているわけではありませんが、加齢とともに増加することが知られています。特に小型犬に多く見られますが、キャバリアには若齢での発症することも報告されています。
心臓の左側は、肺から帰ってきた酸素でいっぱいのきれいな血液が全身に旅立つ場所です。そのため、左心室は心臓の部屋の中で最も押し出す力が強い場所となります。その心室と心房の間にある扉「僧帽弁」に隙間が開いていると、当然血液が逆流します。すると、次に送る血液で満たされた心房に血液がさらにたまってしまうという状態になります。

心臓は水風船のように繰り返し膨らむと、膨らんだままの状態となります。膨らんだ心臓はすぐそばの気管という空気の通り道を刺激するようになり、咳がでるようになります。
僧帽弁閉鎖不全症になると咳がでる、というのはこうした理由からです。
では、咳がでてきたら気を付ければいいのでしょうか。
実は僧帽弁閉鎖不全症になって咳がでてくるのはある程度の症状が進行してからです。つまり、心臓が悪くなって時間がたって症状がでているということになります。

ネコちゃんに見られる肥大型心筋症について

次に、ネコちゃんに見られる肥大型心筋症についてお話しいたします。
この病気は心臓の壁である心筋が厚くなり、心室を狭くしてしまう状態になります。
一般的には加齢とともに発症するとされますが、若齢でも見られていることから若いうちからの検査が必要な場合があります。
心室が狭いため、入ってくる血液が減り全身にうまく血液を送れなくなったり、流れが悪くなることで血の塊(血栓と言います)ができ、血管が詰まる血栓症を引き起こすことがあります。普段は無症状のことも多いため、非常に気付くのが難しい病気です。ただ、突然心臓が止まったり、胸に水が溜まっての呼吸困難,血栓症にて血を吐くなどの劇的な症状がみられることから、ネコちゃんの突然死の原因ともなっています。

いくつもある心臓病の中から、比較的身近にある病気を二つ、例に挙げました。どちらにも共通するのは病気であることが分かりにくい割に、非常に怖い病気である点です。
咳がでないうちにどうやって気付いてあげるのか,苦しくなる前のもっと早くに見つける方法はないのか、というご質問を受けました。
当院では迷わず、心臓の画像診断をお勧めします。
痛みを伴わず、麻酔を使わない心臓の検査として、レントゲン検査,超音波検査は非常に有用です。心臓の大きさや形を見るレントゲン,心臓の中の様子とその動き方を見る超音波、この二つを実施することで、心臓の評価をすることが可能です。それに加えて、心電図検査にて不整脈の有無をある程度確認することができ、心臓病の早期発見の可能性が広がります。

うちの子は大丈夫と思わず、まずはご相談ください。

検査にて病気が見つかっても、心臓病用の療法食を食べて心臓に負担をかけないようにする食餌療法、心臓の働きを助けるお薬を飲む内科療法などの治療法を提案することができます。近年では、大学病院にて心臓外科手術も行われるようになり、根治手術が可能になっている心臓病もあります。大学病院への紹介も積極的に行っております。