休診日なし/9-13時/16-19時
金PMのみ14-16時半

予約優先 045-243-6417

診療時間 アクセス

ノミダニ予防

ノミダニ予防とは?

ワンちゃんやネコちゃんの毛の間に黒っぽい小さな粒を見つけた。

お気を付け下さい。
それは動物の体に寄生しているノミの糞かもしれません。

そして意外と知られていないのですが、ノミやダニの害は “痒み” だけではありません。痒み以外にも、ノミやダニによってたくさんの病気が媒介されます。 媒介される病気を予防するためにも、月に1度、ノミやダニの予防をしましょう。

当院では、皮膚につけるタイプや、飲ませるタイプなど、様々なタイプのノミダニ予防薬を扱っております。 その子の状態によってもどのような予防薬が合っているかは変わってきますので、獣医師にご相談ください。

ノミによって起こる病気

ノミアレルギー性皮膚炎 吸血により、その唾液成分が体内に入ることで、アレルギー反応がおこり、激しい痒みや湿疹、脱毛などを伴う皮膚炎を示すようになります。寝ることもできないくらい痒がってしまう子もいます。
サナダムシ(瓜実条虫) ノミの幼虫がサナダムシの卵を食べ、その体内で発育します。 成虫になったノミを犬や猫がグルーミングなどで食べてしまうことにより、小腸に寄生し、下痢や嘔吐の原因になります。
猫ひっかき病 バルトネラという菌によっておこる病気で、感染猫からほかの猫にノミが媒介します。猫には症状は出ませんが、感染した猫に人間が引っかかれたり、噛まれたりすると、リンパ節がはれて、数か月続く発熱や頭痛を起こすことがあります。

ダニによって起こる病気

犬バベシア症 バベシア原虫が赤血球に寄生、破壊することにより、貧血、発熱、食欲不振や黄疸などがみられ、死に至ることもある恐ろしい病気です。
猫ヘモバルトネラ症 猫の赤血球表面に寄生するヘモバルトネラというリケッチアが原因となり、貧血、発熱、元気消失などの症状が見られます。
ライム病 マダニからペットや人にも感染し、犬では主に神経症状、発熱、食欲不振などの症状が、人では皮膚症状や神経症状、関節炎などの症状が見られます。
重症熱性血小板減少症候群(SFTS) マダニを介してウイルスが人に感染しする可能性が示唆されています。6日~2週間の潜伏期間を経て、発熱、倦怠感、消化器症状、出血などの症状がみられます。致死率10~30%と非常に怖い病気です。

ノミダニ予防薬の様々なタイプ

フロントラインプラス (全体重対応、スポットタイプ)
プラクティック (2㎏~、スポットタイプ)
コンフォティス (2.3kg~、錠剤タイプ)
ネクスガード (1.8kg~、ジャーキータイプ)