休診日なし/9-13時/16-19時
金PMのみ14-16時半

予約優先 045-243-6417

診療時間 アクセス

犬とネコの避妊・去勢

避妊、去勢

去勢手術とは “オスの精巣をとること” で、避妊手術とは “メスの卵巣のみ、もしくは卵巣と子宮の両方をとること” です。

去勢手術や避妊手術に関する考え方は、飼い主さまによってそれぞれです。
「すぐにでも手術したい」
「手術なんて痛くてかわいそう」
「繁殖は考えていないけれど、手術はそんなに急いでしなくてもいいかな」
「放し飼いじゃないので 勝手に繁殖することはないし、必要ないんじゃないかしら」

確かに放し飼いで動物を飼っていた時代、去勢避妊をする一番の目的は 「望まれない繁殖を防ぐこと」 でした。 もちろん今でもそれは大きな目的の一つです。しかし現在でのこれよりも大きな目的は、以下の 2つです。

  1. 発情期のフェロモンなどによる性的ストレスの軽減
  2. 年をとってからの病気の予防

メスは発情期のホルモンのバランスが通常期と変わることから、精神的なストレスを感じ、肉体的にも具合が悪くなってしまう子もいます。 そしてその時にメスから出されるフェロモンを嗅ぎ、オスもメスの元へ行きたいという衝動に駆られるので、自由にメスの元へいけない状況は精神的に大きなストレスだと言われています。
そういった発情に関わるストレスは、去勢手術や避妊手術によって軽減が期待でき、肉体的精神的なストレスの軽減によって 寿命の伸びが期待できる、という報告もあります。

去勢手術をしないことによって起こりうる病気で、なってしまうと非常に困る病気として ・肛門周囲腺腫 ・前立腺肥大 ・精巣の腫瘍 ・会陰ヘルニア の 4つがあげられます。

避妊手術をしないことによって起こりうる病気には、命を奪ってしまう病気 ・乳腺腫瘍 ・子宮蓄膿症 ・卵巣子宮腫瘍 の 3つがあります。

これらの病気について詳しくご説明します。

去勢手術によって防ぐことができる病気

肛門周囲腺腫 肛門の周りにできる腫瘍です。
肛門の周りを取り巻くように腫瘍が発生し、腫瘍が破裂して化膿し、膿や出血が止まらなくなったり、腫瘍が肛門を圧迫しうんちが出なくなってしまう子もいます。 そうなると肛門全体をとる手術が必要になることもあります。
前立腺肥大 前立腺肥大は人間もよく起こる病気で、人間の主な症状は排尿困難です。 これは、前立腺が膀胱の出口についており、それが尿道を圧迫することから起こるものです。
 犬の前立腺肥大では人間と違い、前立腺の上にあるうんちの通り道(結腸・直腸)を圧迫してしまい、排便困難、頑固な下痢が見られることがあります。
精巣の腫瘍 精巣の腫瘍には良性の腫瘍と悪性の腫瘍(ガン)があります。
ガンの場合には、リンパ節、肝臓などに転移して命を失ってしまう場合もありますし、良性であっても腫瘍から出るホルモン異常により、脱毛、皮膚炎、貧血、前立腺の異常などが見られるようになります。
また、精巣が陰嚢に入っておらず、おなかの中に隠れている子の場合、精巣腫瘍を起こす可能性が約10倍高まると言われているので、早めの去勢手術をお勧めします。
会陰ヘルニア 肛門に近い腸の周りの筋肉が弱くなることで、本来筋肉の中に収まっているべき腸が周りの筋肉から外に出てしまうことです。それによって、排便困難や便秘などの症状が見られ、ひどくなると嘔吐などの症状も見られることがあります。 

避妊手術によって防ぐことができる病気

乳腺腫瘍 10歳以上の犬の死亡原因を調べると、およそ半分がガンで亡くなっています。 特に犬の腫瘍の中で 最も多く見られる乳腺腫瘍は、メス犬で高率に発生することが知られています。 避妊していない犬と避妊している犬を比較すると、避妊していない犬では 7倍の確率で発生しており、明らかにホルモン依存性の腫瘍であることがわかっています。
また、避妊の時期による乳腺腫瘍発生率は、初回発情の前に避妊した犬では 0.05%、1回目の発情後に避妊手術した犬では 8%、2回目の発情後に手術をすると25%という報告があります。
このことからも、早期に避妊手術をすることで、乳腺腫瘍が起こる確率を限りなくゼロに近づけることができるとわかります。
子宮蓄膿症 子宮蓄膿症は、“子宮にばい菌が感染し、膿がたまる病気”です。 この病気は、避妊していない犬の約25%に発生すると言われており、女性ホルモンの異常によって子宮の免疫力が下がり、ばい菌が入り込みやすくなることによって起こります。
この病気を放っておくと 3日ほどで敗血症になり、全身にばい菌の毒が広がり、腎不全を起こして亡くなってしまうことがあります。 また、子宮に膿がたまりすぎてお腹の中で破裂し、腹膜炎を起こして亡くなってしまうこともあります。
この病気は、避妊手術を行うと 100%防ぐことができます。
卵巣腫瘍、子宮腫瘍など 卵巣腫瘍、子宮の腫瘍は犬ではかなり希な病気です。
しかしこれらの腫瘍は悪性であることが多く、ガンにかかってしまった場合には、お腹の中に転移を起こしたり、お腹の中いっぱいに腫瘍が拡がってしまうことがあります。
これもほとんどの場合、避妊手術で防ぐことができます。

逆に、去勢避妊手術の欠点もあります。それは、“太りやすくなってしまうこと”です。去勢避妊手術後は術前に比べ約30%基礎代謝が落ちると言われており、手術前と同じように食べていると、「なんかうちの子ぽっちゃりしてきた」なんてこともあります。ただしこれは、しっかりと食事のコントロールをすれば予防できますので、獣医師にご相談ください。

痛み、麻酔について

当院では、手術を安全に行い痛みの軽減をするために、術前に鎮痛薬や鎮静薬、抗生物質を注射し、手術中もしっかりと心臓、呼吸の状態、体温、血圧をモニターしています。

麻酔のリスク

「全身麻酔は怖い!」と思われている方は多いと思います。アメリカ麻酔科学会全身状態分類(ASA-PS)に基づいた麻酔リスクは以下のようになっています。

アメリカ麻酔科学会全身状態分類(ASA-PS)に基づいた麻酔リスク

当院では、麻酔事故のリスクを下げるために、術前、術後の静脈点滴、鎮痛処置を適切に行っております。また、比較的安全な吸入麻酔を用い、心電計、血圧計、体温計、ヒーター、二酸化炭素濃度測定器、酸素飽和度測定器、人工呼吸器などでしっかりと術中全身状態の管理を行っております。
それでも万が一麻酔による急変がみられた場合は、手術を中止し、状態改善の治療をさせていただきますのでご了承ください。

去勢手術、避妊手術をする時期と費用

約 6ヶ月齢から、避妊・去勢手術をすることができます。 オス、メスともに早期の手術をおすすめしています。
特に女の子の場合、初回発情前に避妊手術ができれば最も多い腫瘍の一つと言われる乳腺腫瘍の予防率がグンと上がります。
可能ならば初回発情前の手術を心がけましょう。

不妊手術による犬の乳腺腫瘍の予防効果
不妊手術による猫の乳腺腫瘍の予防効果

避妊手術 36,000円~ (体重・犬種による)
去勢手術 29,000円~ (体重・犬種による)
避妊手術 30,000円
去勢手術 22,000円

※別途、初診料(再診料)、術前血液検査8,000円がかかります。 価格は全て税別です。

当院の避妊手術について

当院の避妊手術は、基本的に子宮は取らずに卵巣のみを取り除く卵巣摘出術を行っております。子宮を取り除かない分、傷口を小さくすることができ、術後の痛みの軽減と回復を早めることができます。子宮を取り除かないことによる悪影響はないとのエビデンスも論文で出ているため、なるべく痛みが少ない方法を心がけております。しかし、子宮の状態によっては卵巣・子宮全摘出を選択したほうがいい場合もありますので、その子の状態を考慮し、ベストな提案をできるように心がけております。