休診日なし/9-13時/16-19時
金PMのみ14-16時半

予約優先

診療時間 アクセス

ブログ

猫がトイレ以外で尿をする…どうすればいい?【マーキング行動の原因と対策】2019年10月08日

猫がトイレ以外で尿をする… 【マーキング行動の原因と対策】

cat-bladder 

「いつもきちんとトイレで排尿できていた猫が、突然トイレ以外で排尿しました。部屋の中がオシッコで臭ってしまって、とても困っています…。」

 

このような事態は、ご家族にとって大変困ったことですよね。

 

トイレ以外で排尿する理由は、膀胱炎などの内臓疾患や不安定な心理状態が原因となるマーキング行動の可能性が考えられます。

 

猫がトイレ以外で排尿する意味は?

猫がトイレ以外で排尿することには何の意味があるのでしょうか?

 

実は排尿マーキングはそれぞれ全く別の行動なのです、なのでまずどちらなのかを判別する必要があります。

 

原因をつきとめるために、まずはご自宅での猫の排尿の様子を観察し、次の2つのどちらのパターンにあたるのかを確認しましょう。

 

①お尻を下げ、尻尾を水平に伸ばしてオシッコをしている

②立ち姿勢でお尻をやや上げ、尻尾を垂直に立ててやや震わせ、壁や柱に向けてオシッコをしている

 

①は排尿行動で、②は猫特有の尿マーキング行動です。

原因によって治療法は全く異なります。

 

①であった場合は猫で多い膀胱炎の可能性があります。尿検査やエコー検査で診断を行っていく必要があるでしょう。

 

②であった場合は、不安定な心理状態が原因となるマーキング行動の可能性が高いです。

 

 

今回はトイレ以外でする排尿の原因がマーキング行動であった実際の症例をご紹介します。

 

 

実際の症例

先日当院の行動診療科に8歳の雄(去勢済み)の猫、Aちゃんの飼い主様がご相談にいらっしゃいました。

1ヶ月ほど前からトイレ以外で排尿をするようになり、臭いに困っているとのことでした。

排尿パターンを確認すると、立ち姿勢で尻尾を立てて、壁に向かってしているとのこと。

このパターンから、Aちゃんの行動は②のマーキング行動と考えられました。そこでさらにカウンセリングを実施しマーキングをするに至った原因を探しました。

すると、

 

・引越しをした

・小さな子供が二人いて、Aちゃんと遊ぼうとしてちょっかいを出す

・Aちゃんがひとりでゆっくり過ごせる場所がない

・爪とぎを置いていない。(爪とぎもマーキング行動の1つです)

 

という、猫にとってストレスになりやすい状況やマーキングにより自分のテリトリーをアピールしたくなってしまうような状況が明らかになりました。

 

 

マーキングをする猫に行った治療・対策

・引越しという環境の大きな変化による不安感を和らげるため、抗不安薬(フルオキセチン)と猫の安寧フェロモン製剤「フェリウェイ®」を使用する

・Aちゃんのストレスを緩和する行動療法を提案

 

以上の治療を行ってもらったところ、すぐに尿マーキングの回数は減り始め、3週間ほどで完全になくなりました。その後は薬を少しずつ減らして終了してもらいましたが、Aちゃんは尿マーキングをすることなく、トイレできちんと排尿できています。

猫がトイレ以外でオシッコをしてしまうときは、どうすればいいか?

 

まずはご自宅での猫の排尿の様子を観察し、排尿パターンを見極めましょう。

尿マーキングであれば、その不安感・テリトリー意識・性ホルモンの影響などを減らすことで改善させることができます。

治療のメインは行動療法になりますが、不安感のコントロールにはフェリウェイ®(安寧フェロモン製剤)が有効なこともあります。

 

フェリウェイ®(安寧フェロモン製剤)

feliway_1

猫はフェロモンを感知することができる動物です。

安寧フェロモン製剤であるフェリウェイ®は猫の安心感を高めることが期待でき、問題行動の治療に役立ちます。

 

 

 

問題行動の適切な治療、対策は個々のケースごとに異なります。

 

ペットの困った行動でお悩みの方は、関内どうぶつクリニックの行動診療科にお気軽にご相談ください。