休診日なし/9-13時/16-19時
金PMのみ14-16時半

予約優先

診療時間 アクセス

ブログ

【最新論文 】ネコの歯周病治療に効果的なサプリメント成分を発見(2019年International Society of Feline Medicineより)2019年10月30日

【1-テトラデカノール 】ネコの歯周病治療に効果的な成分を発見

(最終更新日:2019年10月30日)

 

1-テトラデカノール複合体をネコの歯周病治療で使用し、大きな改善が見られたと2019年にFrenandaらの報告で発表されました。

歯周病についてはこちらでお話ししています。

 

 

Topical oral 1-tetradecanol complex in the treatment of periodontal diseases in cats.

Fernanda Maria Lopes Kubitza1 and James Mudie George Anthony2(First Published January 17, 2019)

https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/1098612X18820734?rfr_dat=cr_pub%3Dpubmed&url_ver=Z39.88-2003&rfr_id=ori%3Arid%3Acrossref.org&journalCode=jfma

 

 

この論文は、ネコにおけるテトラデカノール複合体(1-TDC)の経口投与による慢性歯周病の治療の結果を評価しました。

以前の論文でウサギへの1-TDCの投与により、歯肉炎が有意に良化したという報告があり、他の動物種でも効果があるのではないかと示唆されており、今回はネコで実験を行なった模様です。

※テトラデカノール(1-TDC) は、ミリスチルアルコール ともよばれ、天然の鯨油などに含まれています。ヒトの化粧品や保湿剤などに含有されていることもあります。

 

方法:

試験群(n = 9)には1-TDC(525 mg /日)を、プラセボ群(n = 4)にはオリーブ油(0.25 ml /日)を6週間投与しました。

 

 

結果:

1-TDCによる経口治療により、6週間での歯の臨床症状のほとんどのスコアが大幅に良化しました。 

そして1-TDCを投与したグループは、6週間の治療後の歯周ポケットの深さ・歯肉炎指数・プロービング(プローブを使った歯周ポケットの検査)などにおいて有意な減少を示しました。一方でプラセボ群は変化なしでした。

 

 

結論:

・TDCは猫の歯周病治療において非常に効果的である。

・歯周病の治療には宿主(ネコ)の免疫反応の調節が重要である。

・TDCは歯周病において抗炎症作用を示す、また免疫反応の調節作用もあるかもしれない。

・ただしTDCを投与するだけでなく、プラークをしっかり落とすためにブラッシングは必ずしよう。

 

他のネコの歯肉炎サプリメント記事はこちらです。

歯肉炎につてはこちらの記事もオススメです。